けにあのカリブ海ツアーのページへ戻る

Puerto Rico : San Juan, Rio Camuy, Arecibo Observatory

カリブ海ツアー:2002/11/06~ プエルト・リコ

 

いきなり南国。島の西端までレンタカーで移動しつつ観光。イガイと面白い

02/11/06 23:00
!Buenos tardes!
プエルト・リコに着いた!
前の日から比べて20度も気温があがると、何なんだよ、と言う感じだけど、でも南国はイイ!!
おじさん、おねいさん、ガキども、みん南国人だ。

8:10のフライトに乗り、午後3時ごろ首都San Juan近くのLMM空港に着いて、バスがあるはず、と探したがそれらしいものは見つからず、警官に聞くとCondadoまで直接行くバスは無い、Isla Verdeまで行って乗り換えな、と言われて。
ロンプラのウソツキ!と叫びながら運ちゃんに確認しつつバスに乗ったのに降りる所で教えてくれず、Punta de Cangrejosの方まで行っちゃって。
結局その後2回バスを乗り換えて、やっとCondadoに辿りついた。
LMM -B40- Isla Verde -A5- Av Jose de Diego -B21- Condado
でもタクシーなら$12といわれる工程を全75c、約1時間で着いたんだから、まあ良いや。

Condadoで宿を探して3件目でエアコン・バス付$59はオッケーでしょ、て事で決め。
ところがGay & Lesbian Travel Association加盟の宿だったらしい。
どうりで入るときに女性2人連れにじろじろ見られてたが不審がられたか。



バスの要領もだいぶ判ってSan Juanまで行った。
ナあるほど、いるだけでムードのある町って、こんな感じなのね。
町を取り巻く城壁、ブロンズや噴水、道はもちろん石畳、そこらじゅう路駐だらけなのがちょっと異様。
さすがにオフシーズンで賑やかなはずの一角も7時過ぎなのにもう寝ちゃってる感じ。
とおもったら、狭い戸口から賑やかな音が。
フラメンコだ、と思ってフラフラ入ったら結構盛況のスペイン飲み屋Marquis de Grin~on.
(辞書をひいてもこんな単語載ってないんだけど?)
料理はやっぱり地中海風なのかなあ。
えびCamaoneとタコPulpoがうまかった。
地元ビールMedalia Lightは南国っぽい味だけど、薄いな。
フロアでは先生+にわかフラメンコの生徒が踊ってたりして、お得な気分。

なんか、楽しくなってきた。

宿に電話は無かったので、インターネットにはつなげず。
ただし筋向かいにサイバーカフェがあったのでアクセスしようと思えばできるみたい。

02/11/07 20:29
6時頃には目が覚めてうろうろ。
年とると時差ボケに弱いねえ。
宿の窓の外には赤い花:
http://www.cherrycoke.jp/021107snap198.jpg

021107snap0198.jpg
021107snap0198.jpg
021107snap0199.jpg
021107snap0199.jpg
021107snap0197.jpg
021107snap0197.jpg

レンタカー屋を探したが3人に「Hertzはどこ?」と聞いてまず見つかったのがMarriot Condado内のHertz。
結局予約しておいたCondado DowntownのHertzは別の場所で居合わせたおじさんが車でつれてってくれた。

Hwy22は所々渋滞してたけど1時間くらいでArecibo付近まで着き、129号を南下して一気に目的地のParque de las Cavernas del Rio Camuyへ。
ここは、世界で3番目に大きい地下洞窟がある(ユーゴスラビア、パプアニューギニアにもっと大きいのがある由。)らしい。
ってことで行ってみたんだけど。
Tram(連結バスだな)で道を下っていって谷のようになっている所を、降りて降りて。
まず地面自体がぼこっと数百メートル単位でへこんでて巨大なクレーターのようになってる
着いた所から洞窟に入って行ったんだけど…すごい!
洞窟って言うよりでっかい地下ホールみたいな所に鍾乳石はたれまくり、奇岩が立ち並び、水が流れて…入場時に見せられたビデオで、そこには別の世界があるって 言ってたけど、その通り。
別世界だった。
多分歩いたのは1kmほどの行程だったと思うけど、洞窟の総延長は9マイルって事で、こないだまで合わせてツアーをやっていた別の洞窟はたれている液体に有毒 物質が見つかったとか、奥のほうは地下水流を泳いで行かなきゃとかで、一部の公開になっているらしい。
すごいっす。

021107snap0203.jpg
021107snap0203.jpg
021107snap0204.jpg
021107snap0204.jpg
021107snap0205.jpg
021107snap0205.jpg
021107snap0206.jpg
021107snap0206.jpg
021107snap0207.jpg
021107snap0207.jpg
021107snap0208.jpg
021107snap0208.jpg
021107snap0209.jpg
021107snap0209.jpg
021107snap0210.jpg
021107snap0210.jpg
021107snap0211.jpg
021107snap0211.jpg
021107snap0212.jpg
021107snap0212.jpg
021107snap0214.jpg
021107snap0214.jpg
021107snap0215.jpg
021107snap0215.jpg

 

宿は北海岸に戻りLPお勧めのEl Buen Cafe/ Hotelへ。$90取られたけど、とても広くてきれいな部屋で快適。禁煙なのが難点。
近くのChili'sでお腹いっぱい食べて10時頃には寝てしまった。

02/11/08 (02/11/10 15:55)
ゆっくり起きて車でObservatry del Areciboへ。11時過ぎには着いてしまったが12時の開門を待って入場。
ここは世界一、という電波望遠鏡がある天文台で、研究活動を紹介するビデオを見てから屋外の望遠鏡を見に行ったら、でかい!
直径300m強のお皿の上空100m以上の所に電波を受けて処理を行う制御室が、3方からつり下げられている。
こんなもんを1963年に作って宇宙人を探してる奴らにはとても適いません。

021108snap0216.jpg
021108snap0216.jpg
021108snap0217.jpg
021108snap0217.jpg
021108snap0218.jpg
021108snap0218.jpg
021108snap0219.jpg
021108snap0219.jpg
021108snap0220.jpg
021108snap0220.jpg
021108snap0221.jpg
021108snap0221.jpg


MayaguezまでR2で行き、1600頃フェリー乗り場でチケット購入。LP に$30程度とあったのにいきなり$160とか言われてびっくり。cabinにしても往複で$199との事でそれにしてしまった。外国人には往複でしか売れないのだそう で、帰路は飛行機、の計画はパー。値段については出国税や何やかやが積み重ってるんだ、と、眼鏡のおねいちゃんが説明してくれたけど納得いかねーよ、そんなも ん。

レンタカーをAeropuerto de Mayaguezに返しに行った。近くでガソリンを入れて代金$10は銀行のDEBITで払えた。これは便利。Aeropuertoは田舎の駅に広場が付いてる程度。 Hertzの案内も無いなあと思って通りがかった制服風のオバちゃんに訊ねた。ほれ、と指さされてよーく見ると駅前駐車場の口ット数個にHertzのマーク。 更にオバちゃんはHertzの従業員だった。
のどか。

出国して18:30にフェリー乗船。いちいち銃を持ってるのが怖いなあ。
船はでかくて、バーでビール、甲板に出てビール、出港したのは結局21時近く、カフェテリアで食事(これは無料)、「disco」でショーを観て(ラテン・オ ンパレード)、ラムを飲んで(@3.50)、ついでに踊ってオバちゃん達に爆笑と共に!Bien!とか叫ばれて(何がおかしいんだよ)、ちょっと寝て起きたら 朝方で最高級の日の出が見えて、ああもうドミニカが見えてきた。
クルーズって、良いじゃない!

ご意見、ご質問など、お待ちしています→ 問 い合わせフォーム



けにあのカリブ海ツアーのページへ戻る

けにあメモに戻る