Cherry Coke - ひろとみのページへ戻る

ひろとみのHISTORY その1
〜音楽との出会い編〜


小学6年生の時にバンドをやろうと大金持ちのガキに誘われたんだけどそいつの家にあった いかにも高そうなスケボーを2台かっぱらってそいつとは縁を切られた。
その後はそのスケボーで小学生時代を楽しんでそいつとは違う中学へいった。

中学に入ってからは夜遊びばかりしていてTVK(神奈川TV)の番組のファイテイング80’の 番組収録が近くの蒲田電子工学院であるとゆうので見に行きダンガンブラザーズBANDに はまりBANDに興味を持った。
その後ファイティング80’のスタッフと(毛の生えてないチOコとか見せたりしてたら)仲良く なり毎週の収録をタダで見せてもらうことができた。(やはりチOコは偉大だ!)
シナロケ、MODS、RC、山下久美子、子供バンド、ルースターズ、ハウンドドック、ツイスト、 横浜銀蝿、アナーキー、その他。。。。。
だた当時はうるさいだけであんまりよくわからなかった。

その中のギターのうまい奴がジャーニーを見に行こうと中野サンプラザに誘われ 見にいったがやっぱり外人は演奏がうまいなと体で感じた。
結局そいつと仲良くなり僕にはBASSを教えてくれて一緒にバンドをやるようになった。

中学2年の時が一番楽しかった。近くの区でやっている青年館みたいな音のもれない所で 週2回位(土曜、日曜)音合わせをして楽しんでいた。
そこで何バンドか集めてコンサートをやったりして好きな子が来てくれたり可愛い後輩たちが 見に来てくれたりしてとても楽しい時間を過ごしていた。

でも中学3年になると受験をひかえてみんな集まらなくなってしまった。
そしてつまらなくなったので昔の金持ちのガキの所にBASSとアンプを貸してもらいにいって ゆうまでもなくそのまま自分の物にしてアナーキーを見た次のコンサートの時にBASSとアンプを ぶっこわしてサマーミロとアナーキーになっていく自分がそこにありました。

その2へ続く)


ご意見、ご質問など、お待ちしています→ cherrycoke@prince.co.jp

Cherry Coke - ひろとみのページへ戻る

Cherry Cokeのホームページへ戻るホームページへ戻る
2004/07/27 © Cozy, 2000-2001